まとめ買い
まとめ買い

美KENラボブログ

よくあるご質問

よくあるご質問




Tarzan (ターザン) にて、カラダのプロイチオシの商品としてOmega3コラゲタイトが紹介されました

ポコチェ10月号のインナービューティ特集で、編集部イチオシ商品として美KENラボのOmega3が紹介されました
ホームオメガ3脂肪酸 

オメガ3系脂肪酸

細胞レベルから健康で美しい身体を手にいれたい、、、!という方におすすめなのが、オメガ3系脂肪酸です。オメガ3脂系肪酸とは脂肪酸の一種で、魚油に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)・DPA(ドコサペンタエン酸)ALA(αリノレン酸)などが代表格です。

健康維持に重要な働きをするオメガ3脂肪酸は細胞膜(栄養を細胞内に取り込んだり、細胞内の不要物を外に出す働きをする)の主要な構成成分の一つで、細胞膜の機能に極めて重要な役割を果たします。「生きるのに不可欠」な超重要成分ですが、体内で作ることができない為、食べ物から摂取する必要のある必須脂肪酸です。

オメガ3系脂肪酸は、青魚(特に脂の多いサーモンやまぐろなど)や海藻、ナッツなどの食材から摂取する必要がありますが、オメガ3系脂肪酸のうち、DHAやEPAは植物由来のオメガ3系脂肪酸には含まれず、体内にて変換されにくいため、魚由来のオメガ3系脂肪酸を摂取することが大切です。

一日に必要な量は成人男性で2.6g(2,600mg)以上、成人女性で1.8g(1,800mg)以上と言われています (EPA+DPAだけで1g以上:厚生労働省 食事摂取基準より)。日常の食事で必要量を摂取するのは難しく、ほとんどの人が不足していると言われています。食生活のみで補うのは難しい為、補助的にサプリメントなどで補うのがおすすめです。

多価不飽和脂肪酸(PUFA)としても知られるオメガ3系脂肪酸のうちDHAは、脳機能や視神経においても重要な役割を果たし、正常な成長や発達に大きく影響を及ぼす為、まさに胎児からシニアの方に至るまで、必要な栄養素と言えます。

また、オメガ3系脂肪酸摂取量が不足することで、体内で炎症を引き起こす物質が増え、炎症を鎮めようとすると免疫細胞が過剰に働きアレルギーを引き起こしてしまいます。この不足が解消されれば、逆に炎症を抑える物質が増えるため、アレルギー症状が改善するとされています。

オメガ3系脂肪酸は、代謝をあげて中性脂肪を下げ、脂肪細胞の増殖を抑える作用もあるため、太りにくいというのも特徴です。オメガ3系脂肪酸はその他、他の油成分よりも皮脂になりやすいため、肌質の改善や潤い効果を実感しやすいという美容効果も。

このように数多くの健康上の優れた点があり、血管や関節など、身体のいたるところの炎症を抑える重要な働きがあることがわかってきたオメガ3脂肪酸ですが、ここでその一例をご紹介します。

オメガ3脂肪酸はどんな変化をもたらす?

高血圧

多くの研究により、魚油サプリは中性脂肪のレベルを下げることがわかってきました。
また、血圧を下げる効果があることも確認されています。

関節のリウマチ

魚油サプリは、関節の硬さや痛みを抑えるという研究も多く見つかっています。
オメガ3サプリメントは、抗炎症薬の効果を高めるともみられています。

ガンの予防

細胞膜を柔らかな状態で維持し、体内での免疫力向上を促す働きがあるため、乳がんや前立腺がんをはじめとするガンの抑制効果期待できるとの研究結果も報告されています。

胎児の健康

DHAは、視覚と神経発達のために大変重要だと考えられています。
2008秋のReviews in Obstetrics and Gynecologyによると、オメガ3は、胎児の視神経の発達に欠かすことができない重要な働きがあり、新生児のアレルギーの低減にも影響する可能性があるとしています。
妊娠後期に母親がどれだけオメガ3を摂取するかということは、胎児の脳及び網膜の発達に有益であるといわれています。

また、妊娠中のオメガ3摂取は、胎児に良い影響があるだけでなく、妊娠によるうつに苦しむ妊婦さん自体にも役立つと同じく2008年のJournal of Clinical Psychiatry で述べられています。

さらに他の研究では、オメガ3は産後のうつを予防することを実証しています。
更に詳しく知りたい方はこちら↓

胎児への影響文献(英語)

喘息・アレルギー症状の軽減

オメガ3をとることで、炎症や喘息などの症状を軽減するといわれています。DHAにはアレルギーを促進する酵素を阻害する働きがあるため、アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息といったアレルギー症状の軽減にも効果が期待できます。

アルツハイマーや認知症・学習機能向上・目への影響

DHAは血液の粘土を下げ(ドロドロ血からサラサラ血へ)、血液の流れを良くする働きがあり、目の網膜や脳の働きを活性化する効果があると言われています。

DHAを摂取すると、赤血球や細胞壁が柔軟になるため、脳への十分な酸素と栄養を届けることができ、脳の活性化や記憶力向上など学習機能の向上も期待できます。 いくつかの研究では、オメガ3がアルツハイマーや認知症を予防することを示しているものもあります。
最近の研究により、オメガ3サプリメントのDHAが、アルツハイマー型認知症を持つ人や加齢に伴う記憶障害にある人の症状を遅らせたと評価しているものもあります。

スポーツ選手の持久力向上と怪我の予防

  
DHA・EPAには、運動能力を高める働きもあります。DHAにより血行が良くなる為、細胞への酸素や栄養素の供給量が高まります。筋肉中に疲労物質乳酸がたまりにくく、素早く体外へ排出できるようになるため、疲れが残らなくなります。陸上選手にDHAを積極的に摂取してもらった結果、1万メートルのタイムが平均51秒も短縮されたという実験結果もあります。

オメガ3脂肪酸関連商品